働いた場合どうなるのか

休みが多く稼げる職業

TAXI

タクシーの運転手として働こうと考えた場合に給料のことが気になりますが、給料はその運転手の技量と地域によって決まってきます。
東京のように人口の集中する都市部は、タクシーの利用者も多く地方都市に比べると平均年収は高くなります。
東京のタクシー運転手の平均年収はおおよそ400万円、一方地方都市は平均300万円程度になります。
この数字が多いか少ないかは、タクシーの運転手の稼働時間や仕事の内容も考えなくてはいけないでしょう。
タクシーの運転手の勤務日数は月間11日、さらに2日は勤務日数を増やせるので最大の勤務日数は13日です。
仕事の内容は、一度タクシーを運転すると間に休憩時間をはさみながら、18時間車を運転し続けることになります。
このように一度勤務すると長時間労働となりますが、休みは一般の会社員よりはかなり多く月の約3分の1は休めることになります。
この勤務日数と給料の関係から結論をだすと、給料は他の業界で働いた場合と比べるとあまり大差はないと言えるでしょう。
ちなみにこれは平均の年収のことで、稼いでいる運転手は年収600万円以上の方はたくさんいます。
タクシー運転手の給料体系は、基本給と歩合給がセットになっている場合と歩合給のみの2つが大半を占めています。
歩合給における運転手の取り分は、その日の売上のおおよそ50%から60%ほどです。
このため、お客さんを多く乗車できるように技術を磨いていけば、充分に収入アップは狙っていけのがタクシー運転手です。
年収600万円以上を稼ぎながら、多くの休日でゆったりとした生活をしていくといったことも可能なのがタクシー運転手と言えるでしょう。

サポートと保証が手厚い

ミニカーと人形

タクシー求人は現在も安定した状況にあり、多くの地域で豊富な募集が出されています。
タクシードライバーの給料は、固定給と勤務内容に応じた歩合給で構成されることがほとんどで、努力次第で平均月収を上回る金額を稼ぐこともできます。
現に月50万円を稼ぎ出すドライバーも存在しています。
ただ、中には二種免許を持っていないために、タクシードライバーを選択肢から除外されてしまう方もいらっしゃいます。
しかし、タクシー会社の多くは二種免許取得に向けたサポートを行っているため、二種免許の有無はそれほど採用に影響しません。
普通免許での運転歴が一定期間あれば、タクシー会社に就職することができるのです。
タクシー会社の中には二種免許取得の費用を負担しているところもあるため、入社後の取得を考えるならば、サポートの手厚い会社を選ぶと良いでしょう。
そして研修中でも一定の給料が約束されているので、収入の面で不安なこともありません。
また、タクシー業務に慣れるまでにはある程度の時間が必要な場合も多く、その間安定した給料が望めないこともあります。
特に初心者となるとその度合いも高くなりがちですが、給与保証を設けているタクシー会社ならそういった心配もいりません。
給与保証は前述の理由で売り上げが伸びない場合を想定し、各会社が設けている制度で、3ヶ月ほどの保証を出しているところもあります。
初心者の方が安定した給料を望むなら、二種免許取得サポートや給与保証が充実しているタクシー会社を選ぶと良いでしょう。

収入は努力次第

車

タクシーの乗務員というと収入が低いイメージがあります。
タクシー乗務員の給料は歩合制として支払われる会社が多いでしょう。
歩合制とはドライバーと会社の取り分割合です。
平均的な一日の乗務での収入は30000円から50000円と言われています。
これは地方よっても異なりますし、雨の日と晴れの日も違えば、運もあります。
賃金は完全歩合制の会社と基本給プラス歩合という会社があります。
いずれにしても多くお客を乗せれば頂ける給料は多くなります。
沢山のお客を乗せることも良いでしょうが、一人の客を乗せたときに走行する距離が長くなれば給料に反映します。
すなわち客単価を上げるのです。
タクシー利用者が減少し、燃料高や経営コストの負担から初乗り料金が高くなり、ワンメーターの走行距離が短くなっていることから利用者は年々減少しています。
しかし、中には年収500万円から600万円以上の給料を得る乗務員もいます。
タクシー乗務員の70%近くが60代以上と言われており、1か月の乗務日数が月の半分という人が多いです。
勤務日数が多ければ必然的に給料は多くなります。
客単価を高めるためには長距離利用するポイントを探すと良いでしょう。
また、高齢利用者は若い世代の利用者に比べて長距離利用する傾向が見られます。
タクシー乗務員は努力次第で収入を上げることが可能です。
若い年代の乗務員は高齢者の乗務員に比べて利用者の評価が高いです。
タクシー乗務員は若い世代の従業員が不足しているので、求人では有利な採用となるでしょう。

職場の選び方

TAXI

企業によって求人内容が異なりますので、タクシーの運転手として働く時には募集内容を比較しながら応募する企業を選んでみてください。実力や能力次第では高い給料をも期待できます。また経験がなくても採用される確率が高い業種でもあるのです。

もっと読む

運転のお仕事がしたい

ミニカー

タクシー運転手になる為には普通自動車第二種運転免許が必要で、会社によっては費用を補助してくれる所もあります。勤務体制は隔日勤務と定時制度が主となっています。求人は紙ベースの物からネット求人と幅広く、給料は平均年収300万程度の様子です。

もっと読む

普段の仕事内容

タクシー

運転することに対して苦手意識がない人ならばタクシードライバーは向いている仕事かもしれません。中高年の転職先としても需要があります。また未経験でも採用してもらうことができる職業の一つですから求人の内容を見比べてまずは応募することから始めてみましょう。

もっと読む