職場の選び方

条件や勤務体系

TAXI

タクシーの求人はたくさんありますが、企業によって勤務体系やお給料は異なります。
タクシーの運転手として働きたい時は、まずは未経験でも勤務可能な企業を探してみてください。
タクシーの運転手に必要な資格に第二種免許があります。
第二種免許は運転免許を取得してから3年以上経過しなければ受講もできません。
最低限の資格として運転免許を所持してから3年以上経過していることが必須になります。
未経験でも1からサポートしてくれる企業も多いですから、タクシーの運転手としての経験がない方はしっかりとサポートしてくれる企業を選ぶと安心です。
多くの企業が求人を出していますから求人内容を比較しながら、応募する企業を選びましょう。
勤務時間や勤務体制が同様の企業でも、お給料に差が出たり福利厚生の有無などが異なったりします。
好条件で働きたい人は、特に求人に応募する時点で企業を厳選しておく必要があります。
タクシーの運転手は保障される固定給の他に、乗車率などによってプラスされる歩合給があります。
忙しい時期やエリアによっては高収入も期待できるでしょう。
特に電車の終電の前後はタクシーを利用する人の数が多いですので、長距離の乗客を乗せることができれば歩合も高くなります。
深夜の時間帯は深夜割増もありますから、タクシーの運転手にとっても一番の働き時とも言えるのです。
タクシーの運転手のメリットは自分のペースで働くことができるという点です。
また運転がメインの仕事なので、コミュニケーションが苦手な人でも運転のスキルさえあれば働くことができます。

働く上での注意点

玩具の車

新卒で入社するというよりも転職先として需要の高いタクシーの求人ですが、会社によって給料システムや働きやすさなどが変わってきます。
タクシーの求人は季節を問わず常に募集しているイメージが強いのですが、その背景には会社としてはできるだけ車を稼働させた方が利益に繋がるということが理由の一つでもあります。
いわゆるバブルの世代にとってはタクシーを利用することは当たり前でした。
特に終電を過ぎた時間帯ではタクシーが全く捕まらないくらいだったのです。
現在では世帯年収も年々下がりつつありますし気軽にタクシーを使えるという家庭も少なくなりつつありますが、タクシーの使用率が大幅に下がったというわけではありません。
都市部などはタクシーの乗車率も良いので人によっては、1000万円以上収入を得ているタクシードライバーもいます。
タクシードライバーは向き不向きもありますから、なぜ経験してみることが大切です。
求人に応募してみて、詳しい説明を聞いてから実際に働いてみたいかどうかを決めるのも遅くありません。
求人の数が多いということはタクシーの運転手の仕事が合わずに辞める人も多いと言えますが、こればかりは経験してみなければわかりません。
ドライバーの仕事は未経験でも資格さえあれば採用してもらうことができる可能性が高い職種でもありますし、主な仕事が運転ですので人と接することが苦手な人にはぴったりの仕事かもしれません。
自分に合った仕事なのかどうかは経験してみてから判断しましょう。

仕事の探し方

男性

全国各地に企業の数が多く、比較的入社しやすい職業にタクシードライバーがあります。
2種免許が必要となりますが、持っていなくても入社後に取得することができる会社が多くあり、普通免許があれば気持ち一つで入社することが可能です。
募集はハローワーク以外にも、多くの求人広告に掲載されていて、タクシー会社の事務所に求人の看板が立っていることも少なくありません。
車を無駄に寝かせないための配慮かと思われますが、実に積極的に求人の募集を行っているように感じられます。
タクシーというと優れた地理の知識が必須なように感じますが、実際にはカーナビが一般的に普及している現代ではそれほど重要とはされていません。
というのも、道を知らないカーナビ頼りの運転と、道を熟知したドライバーの運転とではそれほど大きな差が生まれないのです。
タクシーという職業に就くためには他職同様に募集広告を探して問い合わせから面接と進んでいきます。
固定車両が理想だとは思いますが、24時間同じ人が勤務していることは出来ませんから、複数人で1台の車両を使いまわすといったやり方が一般的です。
近年は福利厚生の充実したタクシー会社が増えていて、一日置きに休日を得られる会社も珍しくありません。
働きながらもプライベートを充実させることができるため、若い方でもタクシー運転手を目指す人が増えています。
求人情報をよく比較して、自分の希望に合った会社を見つけましょう。

職場の選び方

TAXI

企業によって求人内容が異なりますので、タクシーの運転手として働く時には募集内容を比較しながら応募する企業を選んでみてください。実力や能力次第では高い給料をも期待できます。また経験がなくても採用される確率が高い業種でもあるのです。

もっと読む

運転のお仕事がしたい

ミニカー

タクシー運転手になる為には普通自動車第二種運転免許が必要で、会社によっては費用を補助してくれる所もあります。勤務体制は隔日勤務と定時制度が主となっています。求人は紙ベースの物からネット求人と幅広く、給料は平均年収300万程度の様子です。

もっと読む

普段の仕事内容

タクシー

運転することに対して苦手意識がない人ならばタクシードライバーは向いている仕事かもしれません。中高年の転職先としても需要があります。また未経験でも採用してもらうことができる職業の一つですから求人の内容を見比べてまずは応募することから始めてみましょう。

もっと読む