普段の仕事内容

運転手の役割

タクシー

タクシードライバーはどのような仕事かというと、乗客を目的地まで送り届ける役割があります。
目的地までの距離や時間によって料金が決まります。
また時間帯によっては深夜割増となり、通常料金よりも利用料が高くなりますので、タクシードライバーにとっても一番の稼ぎどきの時間帯なのです。
タクシーのドライバーになるためには、まず求人に応募する必要があります。
車の運転がメインの仕事ですので運転免許がなければ働くことはできません。
また乗客を乗せて運転するためには二種免許が必要になります。
求人の内容によっては会社側で費用を負担してくれることもあるので、タクシードライバーとしての経験が無い方は未経験でも手厚いサポートをしてくれる会社を選びましょう。
さらにタクシードライバーに向いているタイプとしては、まず運転が好きなことです。
一日の大半を車で過ごすことになりますし、運転している時間が長いので運転する事に対して苦を感じないことが必須条件になります。
人と接することが苦手な人や人間関係を構築するのが苦手な人でも、基本的に乗客とのやり取りがメインですし、必ずしも会話をしなければならないというわけでもないので、人間関係に悩むこともほとんどないでしょう。
営業所へ出勤してそのまま車で担当エリアに向かいますが、車に乗っている間は無線でのやり取りがメインになります。
タクシー会社の求人によって内容が大きく異なりますし、お給料にも差が出てきますので、求人に応募するときはあらかじめ募集内容をしっかりとチェックしておきましょう。

会社の選び方

TAXI

タクシー乗務員として働くためには大きく分けて2つの方法があります。
まず一つはタクシー会社に所属して働く方法です。
乗務員としての経験が浅く、または未経験の方はタクシー会社に応募して働くのが手っ取り早い方法です。
もう一つの働き方としては個人タクシーとして自分で開業する方法です。
開業する場合は色々な条件がありますので、まずはその条件をクリアしなければなりません。
未経験の場合はいきなり個人タクシーで開業することは難しいですから、タクシー会社に所属することが必須になります。
求人内容も企業によって異なりますが、大手の場合は説明会などを定期的に開いているケースもあります。
まずは企業の説明会に参加して、どの様な仕事内容なのか給料のシステムなどを把握することが大切です。
説明会に参加してから求人に応募するという流れの企業もあります。
求人によって様々ですから、まずは気になる企業があるならば会社説明会に参加してみましょう。
タクシーの乗務員は経験がなくても働くことができる仕事でもあります。
研修期間を経て第二種免許を取得することが必須になりますが、会社でサポートしてくれることも多いので金銭的な負担も軽くなります。
また社員の寮完備している企業もありますので、このようなサポートを受けてみるのも良いかもしれません。
そうすれば生活費を抑えることも出来るでしょう。
タクシー乗務員の求人はたくさんありますから、どこの企業に応募するか悩むこともあるかもしれません。
気になる企業の面接を一つずつ受けてみるという手段もあります。

体力も時には必要

人形とタクシー

タクシー運転手の求人を読んで応募をする場合は、自分がタクシー運転手に向いているかを吟味する必要があります。
例えばタクシー運転手には、道を正確に覚える記憶力が必要となります。
特に都会では店や道路の移り変わりが激しいために、常に最新の情報が必要となります。
またタクシーの求人に応募をする場合は体力をアピールする必要があります。
タクシー運転手は早朝や夜間にかけて働くことが多いために、求人においても一定以上の体力が求められることがあります。
さらに求人においては、運転技能も必要となります。
同じ道を走行する際に、運転技術が高い方がお客様の満足度が高くなります。
また他のドライバーとの連携もスムーズに行うために、常に会社を通じて連絡を行う姿勢が重要となります。
またタクシー運転手は様々なお客様を乗せるために、コミュニケーション能力も求められる機会が多いです。
さらにタクシー運転手は、病気になると会社に迷惑をかけるために日頃から風邪やインフルエンザの予防も重要となります。
特にインフルエンザなどの感染症になると、お客様にも迷惑となるために注意が必要となります。
また観光地でタクシー運転手を行うなら、その土地の歴史や観光名所をしっかりと勉強しておくことによって、お客様からの評価が高まります。
さらに、タクシー運転手は無事故で過ごす事も重要となります。
大事なお客様を乗せるので、安全運転を心がける姿勢がとても重要となります。

職場の選び方

TAXI

企業によって求人内容が異なりますので、タクシーの運転手として働く時には募集内容を比較しながら応募する企業を選んでみてください。実力や能力次第では高い給料をも期待できます。また経験がなくても採用される確率が高い業種でもあるのです。

もっと読む

運転のお仕事がしたい

ミニカー

タクシー運転手になる為には普通自動車第二種運転免許が必要で、会社によっては費用を補助してくれる所もあります。勤務体制は隔日勤務と定時制度が主となっています。求人は紙ベースの物からネット求人と幅広く、給料は平均年収300万程度の様子です。

もっと読む

普段の仕事内容

タクシー

運転することに対して苦手意識がない人ならばタクシードライバーは向いている仕事かもしれません。中高年の転職先としても需要があります。また未経験でも採用してもらうことができる職業の一つですから求人の内容を見比べてまずは応募することから始めてみましょう。

もっと読む